福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

大飯原発断層「活動性なし」確定 規制委、調査団の評価書了承

  • 2014年2月12日
  • 19:04
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 関西電力大飯原発(福井県おおい町)の重要施設下を走る「F―6」と呼ばれる断層をめぐり、原子力規制委員会は2014年2月12日の定例会合で、「地盤をずらす可能性のある断層(活断層)ではない」とした有識者調査団の評価書を了承した。

 評価書は、関電がかつて主張していたF―6を「旧F―6」とし、一昨年以降に修正されたF―6と区別。3、4号機の非常用取水路付近にある「山頂付近試掘溝」で確認されたF―6について、割れ方や含まれる鉱物の分析などを根拠に「活動性はない」とした。

 旧F―6とされた、敷地北側の台場浜試掘溝で見つかった「ずれ」は、調査団内で「活断層」か「地滑り」かの決着はつかなかったが、規制基準では両方とも「地盤をずらす可能性のある断層」と定義されており、旧F―6はこれに該当すると判断。ただし、F―6には連続しないとした。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース