福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

市長がタクシー乗車拒否を擁護? 脱原発議員利用「ポリシーで対応」

  • 2014年2月4日
  • 19:02
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 福井県敦賀市内のタクシー会社が2014年1月、脱原発主張を理由に自民党衆院議員の配車予約を断った問題で、同市の河瀬一治市長は3日の記者会見で「ポリシーを持って対応されたと思う」と、タクシー会社の擁護とも取られかねない発言をした。

 河瀬市長は、高速増殖炉もんじゅ(同市)の反対派集会があるときも「(利用を)断っているのではないか」と言及。「こういう話題は街にとっても会社にとってもマイナス」としながらも「お断りの仕方もあった。上手にやっていただけたらなと思う」と語った。

 会見後、河瀬市長は「法律上、乗車拒否は許されることではないことを前提に話をした。言葉足らずで誤解を与えたことは遺憾」と釈明のコメントを出した。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース