福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

核燃料サイクルの推進求める 美浜町会 もんじゅで意見書可決

  • 2016年10月22日
  • 08:40
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 臨時美浜町議会は21日開かれ、政府が廃炉を前提に抜本的な見直しを決めた高速増殖炉もんじゅ(福井県敦賀市)について「必要性、重要性には変わりない」として、もんじゅを含めた核燃料サイクル政策の推進を求める意見書を、賛成多数で可決した。近く安倍首相と官房長官、経済産業相、文部科学相に郵送で提出する。

 原子力発電所特別委員会(崎元良栄委員長)が提出した。同町がもんじゅの立地する敦賀市白木地区と隣接し「陸路では我が町域を通過せずには至れない」と関係を強調した上で「(政府決定が)地元への説明もなく行われたことは甚だ遺憾」と批判している。

 ▽もんじゅおよび核燃料サイクル政策は、長期的視点に立って国の責任で着実に推進する▽国はもんじゅの運営主体を早期に示し、安全確保を最優先に研究開発に取り組む体制を速やかに構築する―など4項目を求めている。

 河本猛議員が反対討論、浜野健治、藤本悟両議員が賛成討論した。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース