福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

ドラム缶のさび廃液漏れが原因 ふげん、ビニール袋破れる

  • 2016年10月22日
  • 08:12
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 日本原子力研究開発機構は21日、8月に見つかった原子炉廃止措置研究開発センター(ふげん)=福井県敦賀市=のドラム缶のさびや付着物について、破れたビニール袋から塩分を含む液体が漏れたのが原因と推定されると発表した。

 さびや付着物は、第2固体廃棄物貯蔵庫に保管しているドラム缶3本で発見。中身は微量の放射能を含む濃縮廃液の残りかすだった。ビニール袋に詰めた上でドラム缶に保管していたが、残りかすの固形分にとがった部分があり、ビニール袋が破れたと推定した。

 対策として、ビニール袋を破る恐れがあるものはプラスチック容器に詰めることにした。ドラム缶の中身に水分が含まれている約900本についても、同様の処理を今後実施する。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース