福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

志賀2号対策、北電に報告を要求 規制委、雨水流入トラブルで

  • 2016年10月20日
  • 09:10
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 原子力規制委員会は19日午前、北陸電力志賀原発2号機(石川県)で原子炉建屋に約6600リットルの雨水が流入したトラブルについて、北陸電に原因究明や再発防止策の報告を求めることや、その結果を踏まえて他の原発で同様のトラブルへの対応がとられているか調査することを決めた。

 トラブルは9月、北陸電が2号機の安全対策工事の一環として構内の排水路をせき止めていたところ、大雨の影響で道路が冠水し、原子炉建屋1階から地下2階に水が流入。1階にある照明用の分電盤に水がかかった。

 安全上の影響はなかったが、規制委はほかの電源盤など重要設備が故障する恐れもあったとし、北陸電の防護対策の妥当性を調べる必要があると判断した。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース