福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

もんじゅ、再稼働し有効利用を 原子力学会が見解発表

  • 2016年9月24日
  • 09:14
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 日本原子力学会は23日、廃炉が確実な情勢となった日本原子力研究開発機構の高速増殖炉もんじゅについて、適切な運営主体を設立して再稼働させ、有効利用するべきだとする見解を発表した。

 見解は、新技術の開発に初期トラブルはつきものだとして「叱るよりほめて育てることも効果的」と主張。文部科学省は再稼働に少なくとも約5800億円かかると試算しているが「(巨額の費用は)国の将来を左右する技術なのでやむを得ない」と、もんじゅを全面的に擁護している。

 政府は、フランスで設計中の高速炉「ASTRID(アストリッド)」との共同研究などを通じ、高速炉開発を継続する方針。しかし見解は、もんじゅでしかできない研究があると強調、共同研究では真の技術力がつかず、巨額の資金負担を強いられる可能性もあると反論した。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース