福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

京大原子炉、審査に合格 来年1月ごろの運転再開目指す

  • 2016年9月22日
  • 07:20
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 原子力規制委員会は21日の定例会合で、京都大の研究用原子炉(大阪府熊取町、出力5メガワット)が新規制基準に適合していると結論付けた審査書を正式決定した。京大は来年1月ごろの運転再開を目指している。

 国内に3基ある大学の研究炉のうち、京大が同じ敷地内に保有する別の1基(出力100ワット)と近畿大の1基(大阪府東大阪市、出力1ワット)はすでに審査に合格。運転再開に向け準備を進めている。

 3基は2014年2月から5月にかけて定期検査で順次停止。研究炉の新規制基準に適合しなければ運転再開ができず、原子力分野の研究や人材育成に影響が出ていた。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース