福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

モミジ薄く紅 敦賀・常宮神社はや秋の景色

  • 2016年9月11日
  • 09:50
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0
早くも色づき始めたモミジ=10日、福井県敦賀市常宮の常宮神社
早くも色づき始めたモミジ=10日、福井県敦賀市常宮の常宮神社

 福井県敦賀市常宮の常宮神社のモミジが早くも色づき始めた。うっすらと赤く染まった葉が秋の訪れを感じさせている。

 敦賀湾に面する同神社は、安産や海の神様として知られる。四季を通じてさまざまな植物が楽しめることでも人気が高く、境内と近くの森にはモミジとイチョウが計200本以上植えられている。

 色づいているのは本殿西側のモミジ。同神社唯一のわせ品種で、木の上部はすでに鮮やかに染まり、訪れた人の目を楽しませていた。

 見ごろは11月ごろ。安産祈願のお礼参りに訪れていた畑守喜久男さん(73)=同市松島町=は「常宮神社の紅葉は、近くの海と境内、どちらを背景にしても美しく映える。これからが楽しみ」と期待を膨らませていた。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース