福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

もんじゅ、まず運営主体を 高木氏が申し入れ、菅官房長官に 

  • 2016年9月2日
  • 08:39
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0

 高木毅前復興相は1日、首相官邸で菅義偉官房長官と面談し、日本原子力研究開発機構の高速増殖炉もんじゅに関し、まず新たな運営主体を決め、存続か廃炉を決めるべきだと申し入れた。

 高木氏は、政府内でもんじゅの廃炉を含めた検討がなされているとの報道を受け、面談を申し込んだ。もんじゅを再稼働させるには数千億円規模の国費の追加負担が必要と、政府が試算しているとされている。

 高木氏は菅官房長官に▽運営主体を決め、そこでやっていけるか判断した上で存続や廃炉を決めるべき▽日本の核燃料サイクルをどうするかをパッケージ(全体像)で示すべき―と申し入れた。

 面会は非公開で菅官房長官は「文部科学省と経済産業省、関係省庁機関で対応しており、政府は取り組みを見守っている段階。官邸で議論することになれば、地元の声を聞いて対応することになる」と述べ、官邸内に「検討チームなどはない」と答えたという。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース