福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

“聖地”かずら橋で公開プロポーズ 愛誓う二人をライトアップ、池田町

  • 2016年8月22日
  • 13:48
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0
ライトアップされたかずら橋を渡る来場者=福井県池田町
ライトアップされたかずら橋を渡る来場者=福井県池田町

 福井県池田町土合皿尾のかずら橋をライトアップするイベントが20日夜、開かれた。雨にもかかわらず幅広い年代が訪れ、幻想的な雰囲気を楽しんだ。二つの川の合流点近くにある同橋は“愛の聖地”としても知られ、公開プロポーズも行われた。

 有志でつくる実行委員会が企画。全長44メートルの橋を投光器やLED照明で照らした。午後6時半過ぎから雨が強くなったが、ライトアップの機会は年1回とあって、町内外から家族連れやカップルが次々と訪れた。

 会場には、廃油を使った千個のエコキャンドルが並んだ。循環型農業などを学ぶため同町を訪れている東大の学生と住民が設置したもので、足元をほのかに照らした。

 公開プロポーズは、昨年赴任した同町地域おこし協力隊員の笠原辰徳さん(28)が、妻里紗さん(27)にサプライズで敢行した。2人は同町に移住する前に入籍したが、結婚式を行っていなかった。

 スポットライトを浴びた笠原さんが、橋の近くのステージ前で「これからも幸せにします」と愛を誓い指輪を渡すと、里紗さんは涙を流してうなずいた。“立会人”となった来場者は拍手と歓声で祝福した。2人は秋に式を挙げるという。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース