福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

避難計画見直しへ、川内原発 鹿児島知事、周辺を視察 

  • 2016年8月20日
  • 10:29
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0

 鹿児島県の三反園訓知事は19日、九州電力川内(せんだい)原発(薩摩川内市)周辺を視察し、前知事時代に作成された原発事故時の避難計画を見直す考えを示した。避難道路の状況を確認したほか、住民からも意見の聞き取りを実施。記者団に「道路や避難訓練の問題など、早急に対応が必要なことが分かった。避難計画を含めて見直す必要がある」と述べた。

 三反園知事は7月の知事選で脱原発を掲げて当選。熊本地震の影響を心配する住民もいるとし、今月下旬から9月上旬の間に、九電に川内原発の一時停止を要請する方針を示している。この日の視察でも「原発を一時停止して再点検・再検証し、住民の思いに応える必要があるとあらためて感じた」と語った。

 また三反園知事は、住民から求められた緊急時の迅速な情報発信についても、九電に申し入れる考えを示した。九電への一時停止要請は「文書を詰めてから申し入れる」として、詳細な時期には言及しなかった。

 三反園知事は薩摩川内市や原発30キロ圏内のいちき串木野市を視察。避難道路となっている橋などを見て回り、県職員から住民の避難方法について説明を受けた。川内原発の施設内には入らなかった。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース