福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

もんじゅ9千超点検不備に批判続々 原子力機構に対し敦賀市会特別委

  • 2012年12月17日
  • 12:59
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 敦賀市儀会(福井県敦賀市)の原子力発電所特別委員会が2012年12月17日開かれ、日本原子力研究開発機構の高速増殖炉「もんじゅ」(敦賀市)で9千個以上の機器が点検時期を超過していた問題について、委員から原子力機構に対する苦言や批判の声が相次いだ。

 立石武志委員(無所属)は「起きてからごめんなさいでは困る」と対応が後手になっていると指摘。上原修一委員(共産党)は「内部調査には限界があり、第三者機関で調べるべきだ。こうした問題が繰り返されると大きな事故につながりかねない」と苦言を呈し、今大地晴美委員(無所属)も「普通の会社では考えられない膨大な件数だ」と痛烈に批判した。

 原子力規制委員会は、点検時期の超過は保安規定違反だとして、早急な点検や原因究明を原子力機構に命じており、理事者は「我々も市民目線で厳しくチェックし、立ち入り調査もしていく」と答えた。

 また、2市民団体がもんじゅの廃炉を求め提出した請願については、反対多数で不採択とした。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース