福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

川内原発の停止必要性を再認識 鹿児島知事、熊本訪問

  • 2016年8月3日
  • 10:04
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0

 鹿児島県の三反園訓(みたぞのさとし)知事は2日、就任後初めて隣接する熊本県を訪れ、熊本地震の被害が集中した益城町などを視察した。三反園氏は、被害の現状を見て、再稼働している九州電力川内(せんだい)原発(鹿児島県薩摩川内市)を一時止める必要性を感じたとの認識を改めて示し、九電に一時停止を要請する方針を重ねて表明した。

 三反園氏は、住民が避難している益城町の体育館で「体に気をつけてください」と住民を激励。熊本県庁で会談した蒲島郁夫知事には「隣県同士で、非常時の連携を強化していきたい」と語った。

 三反園氏は会談後、記者団に「鹿児島県民が持つ不安に応えるのがトップの役割」として、原発一時停止の必要性を説明。記者から「(原発を停止させる)思いを強くしたか」と問われ「そうですね」と答えた。

 九州は地震の影響で観光客が減少。三反園氏は観光客を呼び込むため、鹿児島、熊本、宮崎3県で協力していく意向も示した。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース