福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

原発災害避難で覚書 小浜市、兵庫4市町と締結

  • 2016年7月29日
  • 08:28
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0

 福井県小浜市はこのほど、兵庫県の4市町と「原子力災害時における避難者の受入に関する覚書」を締結した。小浜市民が広域避難した際、4市町が避難所を開設するほか、食料品など必要物資の調達・配布などを行う。同市が、避難者受け入れに関する覚書を締結したのは初めて。

 小浜市は、関西電力大飯原発の5キロ圏内に一部が入る。市広域避難計画では原子力災害時、兵庫県の9市町を県外避難先に指定している。昨年11月には同県豊岡市など5市町と相互応援協定を締結した。

 今回は、同県姫路市や福崎町など4市町と覚書を結んだ。

 覚書では、受け入れ期間は原則2カ月以内で、経費は小浜市が原則負担する。避難所は4市町が開設し、仮設トイレを設置。生活支援情報サービスの提供などを行うとしている。締結日は7月1日。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース