福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

大飯原発断層、結論出ず再調査へ 原子力規制委の評価会合

  • 2012年11月7日
  • 12:04
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 原子力規制委員会は2012年11月7日、国内で唯一運転している関西電力大飯原発(福井県おおい町)の敷地内にある「F―6断層(破砕帯)」が活断層かどうかを議論する2回目の評価会合を開いた。活断層との結論には至らず、新たにトレンチ(試掘溝)を掘るなど、さらに調査を進めると決めた。調査に伴う運転停止は求めなかった。

 調査は大規模な工事を伴い、福井県への手続きも必要になるため、結論が出るまで検討に時間がかかりそうだ。

 会合は、現地調査した規制委の島崎邦彦委員長代理と専門家4人が、関電から断層の解析結果などの説明を受け議論。島崎氏は「もともとの試掘溝調査に不備がある」と、関電に試掘溝を掘ることなどを求めた。関電は早急に手続きに入るとした。

 新たな調査では、議論の焦点となった敷地北側の海岸部にある試掘溝で見つかった地層のずれが活断層か地滑りによるものかを見極めるため、この試掘溝を1メートル程度掘り下げるほか、試掘溝を山側に広げてずれがどこまで続いているかを調べる。3、4号機の建設時にF―6断層を確認したとされる試掘溝付近で、最大で長さ300メートルの試掘溝も掘る。

 会合で渡辺満久東洋大教授が「大飯原発が稼働している状況で、危険性がないのか、スピード感を持って判断するのが使命だ。このままズルズル行くのが心配だ」と、判断が先送りされることに懸念を表明したが、島崎氏は「(過去の試掘溝の)近い所を掘れば決着がつく」と調査の必要性を強調した。

 規制委の現地調査団は2日に大飯原発を調査。4日の前回会合では、海側試掘溝のずれが、活断層の条件の一つとなる「13万~12万年前以降」との認識で一致したが、活断層か地滑りかで意見が分かれていた。

 F―6断層は、3、4号機の冷却に関わる設備などに海水を取り込む重要設備「非常用取水路」の真下を通っているとみられる。活断層と判明すれば、規制委は関電に運転停止を求める方針。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース