福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

青森の東通原発で重油漏れ 停止中1号機の補助ボイラー

  • 2016年7月24日
  • 09:14
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0

 東北電力は23日、停止中の東通原発1号機(青森県東通村)の2台ある補助ボイラーのうち、1台から重油漏れがあったと発表した。放射性物質は含まれておらず、ボイラー建屋外部への流出もないという。

 東北電によると、23日午後2時40分ごろ、巡視点検中の社員が重油漏れを発見。補助ボイラーを停止すると、漏れも止まった。

 補助ボイラーは、重油を使って純水を蒸気にする設備で、蒸気は放射性物質を含んだ廃液を加熱処理するために使う。22日午前10時ごろ点検した時に異常はなかったといい、東北電が原因を調べている。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース