福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

原発安全審査の迅速化を要望 美浜町長が原子力規制庁に

  • 2016年7月22日
  • 09:18
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
原子力規制についての要請書を手渡す山口治太郎・福井県美浜町長(左から2人目)=21日、原子力規制庁
原子力規制についての要請書を手渡す山口治太郎・福井県美浜町長(左から2人目)=21日、原子力規制庁

 福井県美浜町の山口治太郎町長は21日、原子力規制庁を訪れ、運転開始からまもなく40年となる関西電力美浜原発3号機について、原子力規制委員会が新規制基準への適合審査や運転延長認可を迅速に進めることなどを要請した。

 山口町長のほか、松田うめ子町議会議長らが参加。原発再稼働に向けた審査を速やかに進め、国民に説明責任を果たすことなどを盛り込んだ要請書を金城慎司広報室長に提出した。

 面談は非公開で行われ、山口町長は終了後「原発の再稼働禁止を求める訴訟がある中、新規制基準に適合した原発の審査結果を国民に丁寧に説明することが必要。われわれの思いをしっかり説明した」と述べた。美浜3号機の運転延長の認可時期について、金城室長は「近々結論を出す」と答えたという。

 山口町長は文部科学省や経済産業省も訪れ▽原発の新増設の方針を明確に示す▽廃炉に伴う立地地域への企業誘致支援▽電源3法交付金制度の拡充―などを要請した。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース