福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

高浜仮処分、関電が大阪高裁に抗告 12日の大津地裁決定に不服とし

  • 2016年7月15日
  • 10:19
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0

 関西電力は14日、高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転を差し止めた3月の大津地裁仮処分決定に対し、関電の異議を退けた12日の同地裁決定に不服があるとして、大阪高裁に抗告した。

 関電は抗告の判断が出るまでの間、仮処分の効力を一時的に止めるよう求める執行停止も申し立てる方針。抗告や執行停止の審理で、関電の申し立てを認める判断が示されない限り、2基は法的に運転できない状態が続く。

 関電は同高裁に提出した抗告状で「独自の観点から抽象的かつ主観的に新規制基準や原発の安全性に対する危惧、不安を述べている」と主張。「当社の主張、立証を根拠なく不十分とし、客観的に検討、判断したとは考えられない」と訴えている。

 12日の決定で同地裁は、東京電力福島第1原発事故を踏まえた関電の安全対策について問題があるとし「安全性確保について主張、立証を尽くしていない」とした3月の決定をほぼ踏襲。「原子力規制委員会の新規制基準に従い、許可を受けたこと自体が安全性が確保されているとみることはできない」と判断した。

 高浜3号機は今年1月29日に再稼働したが、3月の決定を受けて3月10日に停止。4号機は2月26日に再稼働し、トラブルで同29日に停止している。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース