福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

福島原発2号、溶融燃料ほぼ炉内か 総量200トン初確認

  • 2016年7月14日
  • 12:10
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 東京電力福島第1原発2号機の原子炉圧力容器内を、物質を透過する性質を持つ素粒子「ミュー粒子」を使った調査で透視した結果、溶け落ちた核燃料(燃料デブリ)の大部分が圧力容器の底に残っているとみられることが13日、関係者への取材で分かった。デブリや周辺の構造物など、原子炉底部に存在する物質の総量は推計で200トン前後と判明した。

 2号機のどこにあるか分からなかったデブリの具体的な位置を特定できたのは初めてで、廃炉で最大の難関であるデブリ取り出しに向け、工法を絞り込める可能性が出てきた。東電と高エネルギー加速器研究機構(茨城県つくば市)などが調査と分析を続けており、近く結果を公表する。

 調査結果によると、事故当時は運転中で、約100トンの燃料が入っていた炉心部には、核燃料などの高密度の物質がほとんど存在しないとみられる一方、圧力容器の底には大量のデブリが残っているとみられることが確認された。

 ミュー粒子の観測を基に圧力容器の底部周辺にある物質の総量を推計すると、200トン前後だった。事故で冷却ができなくなった燃料が周囲の構造物を巻き込みながら溶け落ち、圧力容器の底にたまったとみられる。

 2号機と同種の調査で、1号機では圧力容器内部にほとんど燃料が残っておらず、ほぼ全量が溶け落ちたとみられることを2015年3月に確認。3号機は調査していない。

 炉心溶融が起きた1〜3号機の原子炉内は放射線量が高いため内部の調査は進んでいない。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース