福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

高裁で事業者が丁寧な説明を 高浜町長、福井県知事が談話

  • 2016年7月13日
  • 10:50
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0

 関西電力が高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転差し止め仮処分を取り消すよう求めた異議を大津地裁が却下したことを受け、高浜町の野瀬豊町長は12日、「残念ではあるが、事業者は高裁では、より丁寧で分かりやすい説明をしっかりと行い、司法判断が二転三転する状況が繰り返されることがないように、全力を尽くしてほしい」とコメントした。西川知事も国や事業者に対し「原発の安全性や必要性などについて十分説明を尽くし、原子力に対する国民、県民の理解を一層深める必要がある」と求めた。

 西川一誠福井県知事はコメントで「再稼働に関して、仮処分のようなやり方で争われることは課題があると思う」と主張。その上で「司法において、できるだけ迅速に最終的な判断がなされるべきだ」とした。

 全国原子力発電所所在市町村協議会(全原協)会長を務める渕上隆信敦賀市長は「協議会として司法判断に意見を述べることは差し控える。国は自らの責任で示した政策や、自らが行った規制について、国民への説明責任をしっかりと果たしていただきたい」とのコメントを発表した。

 山口治太郎美浜町長は「司法判断についてコメントは差し控えさせていただく」とした。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース