福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

大津地裁、高浜差し止め異議認めず 関電は大阪高裁に抗告する方針

  • 2016年7月13日
  • 08:00
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0

 関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転差し止めを命じた3月の仮処分決定について、大津地裁(山本善彦裁判長)は12日、関電が取り消しを求めて申し立てた異議を退ける決定をした。仮処分の効力は維持され、高浜2基は引き続き、法的に運転できない状態が続く。関電は決定を不服とし大阪高裁に近く抗告する方針。

 同地裁は6月、仮処分の効力を一時的に止める関電の執行停止の申し立てを却下。3月の決定を含め、いずれも山本裁判長が担当した。関電は運転禁止期間が長期化する可能性があるとして、2基の燃料を8月に取り出すと既に表明している。

 今回、山本裁判長は「新規制基準に従い、(国の)許可を受けたからといって、安全性が確保されているとみることはできない」と判断した。

 東京電力福島第1原発事故の発生を受け、原発の安全性の欠如がないと説明が尽くされない限り、住民の人格権が侵害される恐れがあると指摘。「原発の立地を含めた安全性だけでなく、対策の見落としにより過酷事故が生じる可能性を前提とした対策を講じることが必要」とし、「関電の主張、立証の程度では、新規制基準が対策として十分であるとはいえない」とした。

 3月の決定では「福島事故を踏まえた原子力規制行政の変化や、関電の対応について説明が尽くされていない」と指摘。さらに2基に関し、設計思想や耐震性、津波対策や避難計画などの問題を挙げ「住民の人格権侵害の恐れが強い」と判断していた。6月の決定もほぼ同様の内容だった。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース