福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

北電の電力供給、志賀原発含めず 25年度までの10年間の計画

  • 2016年6月30日
  • 09:18
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0

 北陸電力は29日、管内の一般送配電事業に関する2016年度供給計画の概要を発表した。25年度までに需要電力量は14年度実績から年平均0・6%ずつ、夏場の最大電力は同0・5%ずつ伸びていくと予想。最大電力に対する供給力は、安定供給の目安となる8%以上の予備率を確保できる見通しとした。

 今後10年間の電力需給バランスを示した計画。再稼働時期が見通せない志賀原発(石川県)の供給力は織り込まず、北電の送配電線を利用して管内で小売りを行う新電力の供給力や需要量を含めた。

 16年度の需要電力量は282億キロワット時、最大電力は495万キロワットと見込んだのに対し、供給力は578万キロワットで予備率は16・8%。25年度は需要電力量298億キロワット時、最大電力521万キロワットに対し、供給力は566万キロワットで予備率は8・7%になるとしている。

 供給計画は、本年度から▽小売り▽発電▽一般送配電−の事業ライセンスごとに策定し、電力広域的運営推進機関に提出することになった。小売り、発電の計画は4月に提出。一般送配電については5月24日に提出し、この日、同機関が全国の計画をとりまとめて公表したのに合わせ、概要を発表した。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース