福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

大飯原発4号機がフル稼働 北陸などの節電目標撤廃へ

  • 2012年7月25日
  • 13:27
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 関西電力大飯原発4号機(加圧水型軽水炉、出力118万キロワット)は2012年7月25日午前1時、定格熱出力一定運転するフル稼働に入った。東京電力福島第1原発事故後、定期検査で停止した国内原発がフル稼働するのは、9日の大飯3号機に続いて2基目。  これを受け政府は、4電力管内の節電目標を見直す。北陸と中部の各4%、中国3%の数値目標を撤廃。四国は7%から5%に緩和するが、関西は10%に据え置く方針。  大飯4号機は今後、調整運転を1カ月ほど続ける。定期検査の最終試験に当たる国の総合負荷性能検査を受け、8月後半に営業運転を再開する予定。  一方、政府が再稼働を決めたのは大飯の2基のみで、国内の残る48基が運転再開する見通しは立っていない。再稼働の手続きは9月に発足予定の原子力規制委員会に引き継がれるが、具体的な手順は決まっていない。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース