福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

伊方3号きょう核燃料装荷開始 四国電、来月下旬の再稼働向け

  • 2016年6月24日
  • 08:30
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 四国電力は23日、7月下旬の再稼働を目指す伊方原発3号機(愛媛県伊方町)について、核燃料を原子炉に装荷する作業を24日午前に始めると発表した。作業が順調に進めば7月26日に原子炉を起動して再稼働させる見通し。

 プルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料を使ったプルサーマル発電を実施する計画で、157体の燃料集合体(うちMOX燃料は16体)を装荷する予定。順調にいけば27日に完了するという。

 四国電によると、伊方3号機は4月5日から、再稼働に向けた最終的な手続きとなる原子力規制委員会による使用前検査を受けているが、そのうち核燃料装荷までに必要な検査は今月23日までに終了した。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース