福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

高浜町民、経済へ好影響期待 一方不安も、高浜1、2号延長認可

  • 2016年6月21日
  • 10:12
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 関西電力高浜原発1、2号機(福井県高浜町)の40年超運転が認可されたのを受け、立地する高浜町民からは、一抹の不安を示しながらも地元経済への好影響を期待する声が上がった。

 同町商工会の田中康隆会長(60)は「安全対策工事で雇用が生まれ、経済活動の波及効果は大きくなる」と指摘する。町は高浜3、4号機の運転差し止め仮処分が続き、経済は低迷の一途といい、「工事が始まれば、作業員が入ってきて民宿などに特需が生まれる。町の活性化につながる」と歓迎した。

 「良いことやと思う」と話すのは、JR小浜線青郷駅を管理している山田正樹さん(73)=同町日置。「国内の電力を十分に賄える代替エネルギーの技術はまだ確立していない」とし、「電力事情を考えると延長を優先すべきだ」と話した。一方で「初めての試みなので、関電には慎重にやってもらいたい」とくぎを刺した。

 高浜原発のお膝元、同町音海で釣り船業を営む児玉巧さん(68)は「稼働していた時は魚がよく釣れて客が多く、商売にはプラスになった」としながらも、「事故が起こったら元も子もない。3、4号機の再稼働は仕方ないにしても、古い1、2号機の延長運転は勘弁してほしい」と苦しい胸の内を明かした。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース