福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

さるかに合戦、江戸時代から福井版 仲間にズワイガニ、県内の地名も

  • 2016年6月10日
  • 07:44
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0
見つかった福井版「さるかに合戦」の手習本(福井県文書館提供)
見つかった福井版「さるかに合戦」の手習本(福井県文書館提供)

 昔話の「さるかに合戦」を福井を舞台にアレンジし、福井のカニが主役として活躍する江戸時代の手習い本が、福井市の県文書館で見つかった。寺子屋の先生が、子どもに文字を教える手本として書いたとみられる。「安居山」に住むカニが柿をめぐってサルとけんかし、子どものカニたちが仲間を集めて敵討ちする物語。同文書館で26日まで展示している。

 同書は昨年8月、福井市の民家が保管、同館に寄贈した636点の古文書類の中から見つかった。本文部分は42ページで、1ページに2行ずつ崩し文字で手書きしている。

 登場するのは、現在の福井市内とみられる「安居山」のカニ。現在の茨城県猿島郡を指すとみられる「猿ケ嶋」のサルと、渋柿をめぐってけんかし死んでしまう。子ガニたちがサルを討つために、茨城県まで大移動を繰り広げる。

 子ガニたちは道中、ズワイガニやサワガニなどの仲間を増やしていき、5千匹を超える大群となる。サルの元へたどり着くと、敵討ちを果たし福井に帰って行く。仲間を増やすのには、腰に下げたきび団子を使うなど「桃太郎」の要素も盛り込まれている。

 物語には、ほかに「越知山」など現存する福井の地名も登場する。同文書館によると、郷土の著名人が登場人物に加わっている物語は全国で見つかっているが、同書のようにアレンジの要素が強い作品は珍しいという。

 表紙などには、子どもが文字の練習に書いたとみられる跡も残っている。同館職員の柳沢芙美子さんは「内容もとても面白い。この作品から古文書に興味を持ってもらえれば」と話していた。期間中の日曜日の午後1時半〜3時半、同館で古文書入門講座を開き、手習い本の「さるかに合戦」を読む予定。要予約で問い合わせは同館=電話0776(33)8890。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース