福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

首相の再稼働表明を福井県内首長評価 「原発は必要、現実的判断」

  • 2012年6月9日
  • 12:12
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 野田佳彦首相が関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)を再稼働すべきだとの見解を表明したことについて河瀬一治敦賀市長は2012年6月8日、全国原子力発電所所在市町村協議会会長としてのコメントを発表。「首相自ら、日本にとって原発が重要な電源であることを認め、国民生活を守るために再稼働への理解を求めたことは、社会経済、エネルギー安全保障などへの影響を踏まえた現実的な判断」と評価した。

 今後のエネルギー政策の見直し議論については「原発の必要性を十分に踏まえ、日本が恒久的に発展できる現実的な政策が示されるよう期待している」とした。

 また、野瀬豊高浜町長も「さまざまな意見がある中、短期的な電力需給だけでなく、国民生活、経済、エネルギー安全保障の観点から、原発再稼働の必要性をきちんと述べたことは、立地自治体として評価したい」とのコメントを発表した。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース