福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

伊方3号の再稼働差し止め申し立て 愛媛住民ら松山地裁に

  • 2016年6月1日
  • 10:10
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0

 四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の再稼働差し止めを求め、愛媛県内の住民らが31日、松山地裁に仮処分を申し立てた。住民側の弁護団は地裁が同日の協議で7月26日から11月2日まで計5回の審尋の期日を指定したことを明らかにした。四国電が再稼働を目指す7月下旬までには判断が示されない見通し。

 松山市の市民団体「伊方原発をとめる会」によると、申し立てたのは県内の男女12人で、伊方町のほか、隣接する八幡浜市の住民も含まれる。

 松山地裁では伊方原発の運転差し止めを求める訴訟が係争中だが、7月下旬までに判決が出る見通しがなく、仮に原告が勝訴しても四国電が控訴すれば運転が続く場合がある。弁護団は決定は年明けごろになるとみている。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース