福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

廃炉事業、敦賀で7月1日説明会 美浜1、2号と敦賀1号

  • 2016年5月27日
  • 09:55
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0

 若狭湾エネルギー研究センター(福井県敦賀市)は26日、廃炉が決まった関西電力美浜原発1、2号機(美浜町)と日本原電敦賀1号機(敦賀市)について、事業者による工事概要の説明会を、7月1日に敦賀市の同センターで開くと発表した。廃炉工事に関心のある県内企業や大学・研究機関に参加を呼び掛けており、廃炉ビジネスへの地元参入につなげる。

 関電と原電は今月19日、3基が廃止措置計画の認可を受けた後の当面3年間の廃炉工事の概要を示す計画を公表。県などと結んだ廃炉協定に基づくもので、県内企業向けに説明会を開く方針を示していた。

 説明会は、県エネルギー研究開発拠点化計画の推進機関である同センターが主催する。午後1時半に開始し、関電と原電の廃炉関係の担当者がそれぞれ工事概要を詳しく紹介。日本原子力研究開発機構も出席し、廃炉作業中の新型転換炉ふげんの取り組みを説明する。

 参加は無料。申し込みは6月24日まで受け付けている。同センターは「廃炉工事に興味のある企業に多く来てもらい、地元参入の手伝いができれば」としている。

 同センターのホームページなどにある申込書に、企業名や住所、参加者の役職、氏名、連絡先などを記入しメールかファクスする。申し込み、問い合わせは同センター産業育成部=電話0770(24)7276、FAX0770(24)7275。メールアドレスはsangyo@werc.or.jp


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース