福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

志賀原発、警備員が微量被ばくか 北電・定検中、禁止区域に入り

  • 2016年5月26日
  • 08:05
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 北陸電力は25日、定期検査中の志賀原発2号機(石川県志賀町)で24日夜、検査のために立ち入り禁止にしていた非常用ディーゼル発電機室に警備員が誤って入り、微量の被ばくをした可能性があると発表した。

 北電によると24日午後9時ごろ、新規制基準を踏まえた安全性向上工事で発電機室に施工した配管の溶接部を、放射線を照射する装置を使って検査していたところ、パトロール中の50歳男性警備員が同室内に立ち入った。

 北電は、検査で使った放射線の強さなどから警備員の被ばく線量は胸部X線検診と同程度の0・06ミリシーベルトと推計している。警備員がつけていた線量計から詳細な被ばく線量を調べている。外部への放射線の影響はない。

 北電によると当時、発電機室の入り口前にはロープを張り、立ち入り禁止区域の標識も備えていた。事前に関係者には文書で案内し、検査前には館内放送も行ったという。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース