福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

高浜3、4号報告書「県専門委は再考を」 科学者会議支部が要請

  • 2016年5月18日
  • 10:30
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の安全性に関する福井県原子力安全専門委員会の報告書について再検討を求める申し入れ書を手渡す日本科学者会議福井支部のメンバー(右)=17日、福井県庁
高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の安全性に関する福井県原子力安全専門委員会の報告書について再検討を求める申し入れ書を手渡す日本科学者会議福井支部のメンバー(右)=17日、福井県庁

高浜3、4号報告書「県専門委は再考を」
科学者会議支部が要請

 日本科学者会議福井支部は17日、関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の安全性を検証した福井県原子力安全専門委員会の報告書に10項目の問題があるとして、報告書を再検討するよう申し入れた。

 福井県専門委は昨年12月、2基について「工学的な安全性が向上しており、必要な対策は確保できている」とする報告書をまとめた。

 申し入れでは、高浜4号機の緊急停止や運転差し止めを命じた大津地裁の仮処分決定を踏まえ、「科学的検討をしないまま知事の再稼働判断にお墨付きを与えた」と批判している。

 問題として挙げたのは▽免震機能を持つ緊急時対策所ができるまで再稼働しないよう関電に求めるべき▽地震対策に関わる断層調査が不十分▽使用済み燃料プールのテロ対策の有効性が検討されていない―などの10項目。

 同支部事務局の森透・福井大名誉教授らメンバー3人が県庁を訪問。福井県専門委事務局の福井県原子力安全対策課職員に申し入れ書を手渡し「何らかの形で回答をいただきたい」と求めた。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース