福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

高橋愛さんら推薦の福井旅行プラン 福井県と宝島社がガイド本

  • 2015年7月29日
  • 14:09
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
福井県が宝島社と共同企画したガイドブック「LOVE! 福井」。べっ甲カラーの眼鏡が付録になっている=28日、福井県庁
福井県が宝島社と共同企画したガイドブック「LOVE! 福井」。べっ甲カラーの眼鏡が付録になっている=28日、福井県庁

 福井県で幸せ探しの旅を―。県と出版社の宝島社(本社東京)が共同企画したガイドブック「LOVE! 福井」が28日、全国の書店で販売された。本県出身タレントの高橋愛さんやモデルの道端アンジェリカさんらが、女性目線でセレクトした観光スポットやスイーツを紹介している。べっ甲カラーのアクセサリー眼鏡も付いている。

 表紙は国の名勝に指定されている福井市の養浩館庭園に立つ高橋さん。巻頭では、幸福探しの旅と称して高橋さんが、あわら市の金津創作の森や、坂井市のラベンダー畑、同市三国町の港町などを巡り「初めて来たのに『ただいま』って言いたくなる」と表現。付録の眼鏡をかけた笑顔の写真も掲載している。

 高橋さん、道端さんに、モデルの清原亜希さん、歌手の川本真琴さんを加えた4人が「好きな福井弁」「お薦めスポットや食べ物」などに答えている。好きな方言は「おちょきん(正座)」「つるつるいっぱい」「ほやの〜」などを挙げ、福井県人であることを前面に押し出している。

 ほかにも福井の魅力をユニークな視点で紹介。「死ぬまでに行きたい! 福井の絶景」は、雲海に浮かぶ越前大野城や、白い砂浜が鮮やかな敦賀市の水島などを、写真とともに取り上げている。

 「福井でしたい10のこと」は、東尋坊(坂井市)で叫ぶや、ソースカツ丼、ボルガライスなどのローカルフード巡りを提案した。

 恐竜やお土産、お薦めショップリスト、1日観光プランも紹介し、福井の魅力をふんだんに盛り込んだ。

 自治体が宝島社と共同で企画したガイドブックは佐賀、千葉、熊本県に続き4例目。

 A4判、フルカラー56ページで6千部発行。価格は1512円。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース