福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

ケイリン女子14選手、バンク疾走 福井県福井市の福井競輪場で合宿

  • 2016年5月2日
  • 10:16
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0
バンクを疾走する梅田選手(中央手前)や浦部選手(左)ら=1日、福井県福井市の福井競輪場
バンクを疾走する梅田選手(中央手前)や浦部選手(左)ら=1日、福井県福井市の福井競輪場

 女子競輪「ガールズケイリン」選手の福井合宿が1日、福井県福井市の福井競輪場で始まった。タイムトライアルやレース形式の公開練習でバンクを疾走した。2日は模擬レースやトークショーも行われる。

 日本競輪選手会福井支部の梅田夕貴選手(29)=福井県大野市出身=や浦部郁里(かおり)選手(29)=千葉県出身、福井に移籍=をはじめ、この日登録を済ませたばかりのデビュー前の選手ら計14人が合宿に臨んだ。全国の女子登録選手のうち約1割に当たる。

 昨年に続く合宿で、27日から同競輪場で開催するガールズケイリンに合わせ、認知度を高めようと開いた。選手は周回練習で体を温め、200メートルのタイムトライアルに挑戦。続いて4、5人に分かれ、1周400メートルのバンクを全力で走る「もがき」練習に取り組んだ。徐々に速度を上げた選手たちは、後半一気に加速、時速約60キロの速さでゴールラインを駆け抜けた。

 「合宿は全国でも珍しく、互いの特徴をつかむいい機会になる」と浦部選手。梅田選手は「公開練習でガールズケイリンをもっと知ってもらえたらうれしい」と話していた。合宿は3日まで、見学は無料。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース