福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

高浜1、2号工事計画を再提出 関電、規制委に運転延長補正書

  • 2016年4月28日
  • 12:54
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0

 関西電力は27日、原則40年の運転期間を延長して再稼働を目指す高浜原発1、2号機(福井県高浜町)について、設備の詳細設計を示す工事計画と運転延長の補正書を原子力規制委員会に提出した。

 規制委の審査で指摘を受けて再計算し補正した。工事計画の補正書は、炉内構造物(燃料集合体の支えなど原子炉内にある部品)と制御棒の挿入性、燃料集合体の耐震評価結果を追加した。運転延長の補正書は、炉内構造物などの耐震評価結果を反映し、60年までの運転期間を想定しても問題がないことを確認したとしている。保安規定変更の補正書も提出した。

 高浜1、2号機が再稼働するには、規定により7月7日までの期限内に新規制基準に基づく安全審査と運転延長の二つの審査に合格する必要がある。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース