福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

高浜町長選、野瀬豊氏3選果たす 元県議の一瀬明宏氏を下す

  • 2016年4月25日
  • 09:45
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0
3選を果たしバンザイする野瀬豊氏=24日午後9時45分ごろ、福井県高浜町
3選を果たしバンザイする野瀬豊氏=24日午後9時45分ごろ、福井県高浜町

 任期満了に伴う福井県高浜町長選は24日投票が行われ、即日開票の結果、現職の野瀬豊氏(55)=鐘寄=が、元県議会議員の一瀬明宏氏(59)=三明=を1787票差で破り3選を果たした。投票率は過去最低の75・50%で前回を5・90ポイント下回った。

 町長選は2004年以来、12年ぶりの選挙戦となった。野瀬氏は2期8年の実績と人脈を町政に生かすことを強調し、広域行政や福祉・教育施策の充実などを訴えた。強固な後援会組織を基盤に林業、漁業関連など数多くの団体推薦を取り付け、町内全域で幅広い支持を得た。

 野瀬氏は午後9時45分ごろ、選挙事務所で支持者ら約300人に囲まれバンザイ三唱。「1、2期目は無投票当選だった。選挙の洗礼を受け重みがまるっきり違うと感じた。次は人口減少対策の素地をつくる4年間。近隣市町と連携しながら問題解決の土台をつくりたい」と抱負を述べた。

 原発政策については「司法の判断が非常に迷走した印象がある。そういった部分をしっかりと落ち着いて腰の据わったものにしていくことが大きな課題かと思う」と述べた。

 一瀬氏は選挙期間中歩いて各区内を回り、介護保険料の引き下げや教育・福祉施策の充実を訴え続けたが及ばなかった。選挙事務所では約30人の支持者を前に、「私自身の不徳の致すところです」と頭を深々と下げた。

 投票は午前7時から午後8時(内浦地区と青郷小高野分校は同7時)まで町内13カ所で行われ、同9時から高浜小で開票された。


■野瀬豊氏の略歴

 のせ・ゆたか 若狭高卒。2000年、高浜町議補選に初当選した。08年に無投票で町長に初当選。12年も無投票で再選した。鐘寄。55歳。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース