福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

関電が夏の予備率上方修正 8.2%、当初より1.4%アップ

  • 2016年4月23日
  • 09:24
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

関電が夏の予備率8・2%に上方修正

 関西電力は22日、今夏の電力需給の見通しに関し、供給余力を示す8月の予備率を当初想定した6・8%から8・2%に上方修正したと発表した。天然ガス火力の姫路第2発電所4号機(兵庫県姫路市)の定期点検を早めに実施することで、夏場の供給力が高まることが主な要因という。

 関電は保有原発が稼働していないが、安定供給に最低限必要とされる予備率3%を大幅に上回ることになる。7月の想定も当初の6・9%から8・2%に引き上げた。

 姫路第2発電所4号機の定期点検は当初、7月に始める予定だったが、4月11日に繰り上げて開始した。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース