福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

高浜1、2号機が審査合格 40年超の老朽原発で初

  • 2016年4月20日
  • 15:00
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
 関西電力高浜原発1、2号機の審査書について議論する原子力規制委員会=20日午前、東京都港区
 関西電力高浜原発1、2号機の審査書について議論する原子力規制委員会=20日午前、東京都港区

 原子力規制委員会は20日、運転開始から40年を超えた関西電力高浜原発1、2号機(福井県高浜町)が新規制基準を満たしているとして、合格証の「審査書」を正式決定した。老朽原発では初の審査合格。ただ再稼働するには7月7日の期限までに運転延長と工事計画の認可も受ける必要がある。

 東京電力福島第1原発事故後に改正された原子炉等規制法は、原発の運転期間を原則40年と定め、規制委が認めれば1回に限り特例で最長20年の延長ができるとした。2基の合格で原則が形骸化する恐れもある。

 1号機は1974年11月の運転開始から41年5カ月、2号機は75年11月から40年5カ月が経過している。

 審査で問題となった全長約1300キロのケーブルの防火対策では、関電が燃えにくい素材に交換したり、防火シートで包んだりする対策を示し、規制委が了承した。

 地震対策は、既に同じ敷地内の高浜3、4号機が審査に合格しており、最大加速度700ガルとする基準地震動(耐震設計の目安となる揺れ)は論点にならなかった。また関電の計画では、重大事故対策として原子炉格納容器の上部をコンクリートで覆う工事などが3年程度かかる。

 新基準の審査に既に合格した原発は、九州電力川内1、2号機(鹿児島県)、高浜3、4号機、四国電力伊方3号機(愛媛県)の3原発5基。高浜3、4号機は再稼働後に大津地裁の仮処分決定で停止している。

 規制委は2月に高浜1、2号機の審査書案を決定、約1カ月にわたり意見を一般公募していた。(共同)


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース