福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

駅前散策、着物姿で満喫 福井・柴田神社、モテ祈願も

  • 2016年4月10日
  • 08:30
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0
着物姿の女性らでにぎわう「お市まつり」=9日、福井市中央1丁目の柴田神社
着物姿の女性らでにぎわう「お市まつり」=9日、福井市中央1丁目の柴田神社

 「着物で楽しむ新しい駅前」をテーマにした「お市まつり」が9日、福井市中央1丁目の柴田神社で開かれた。色とりどりの着物が準備されたレンタルコーナーが人気で、訪れた人は好みを選んで着飾り、散策や茶席などを楽しんだ。

 戦国一の美女とされるお市にちなみ「美」をテーマにした活動を展開する一般社団法人「美のまち」が、ふくい春まつりに合わせて初めて企画。スタッフ全員が着物姿で来場者を出迎えた。

 家族と訪れた同市内の20代の姉妹は、ピンクと赤の着物を借りて着替え、ヘアセットもしてもらい華やかな姿に変身。「着物が着たくて来ました。かわいらしい色があってよかった」と満足そうな笑みをうかべ、茶席やプロカメラマンによる撮影会を楽しんでいた。

 「美のまち」に参画する同神社は、お市像のそばにある「お市の井戸」を活用した新企画「モテ祈願」のお札を準備。着物姿の高浜町の30代女性は、購入したお札に「男性にも仲間にももてますように」と願いを書き、水に浮かべて手を合わせていた。「モテ祈願」は今後も続ける。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース