福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

関電、今夏安定供給の見通し 原発再稼働は織り込まず

  • 2016年4月9日
  • 14:00
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 関西電力は8日、今夏の電力需給の見通しを発表した。供給力から最大需要を差し引いた予備率は、8月で6・8%となり安定供給に必要な水準は確保できるとした。7月の想定は6・9%。顧客の契約離脱による需要の減少や節電効果で、予備率は昨夏想定の3・0%から改善する。原発の再稼働は織り込んでいない。

 最大需要は2013年並みの猛暑を想定した上で、昨夏想定より224万キロワット少ない2567万キロワットとした。ことし4月の電力小売り全面自由化後、契約離脱の動きがあることから需要が減ると見込んだ。

 供給力は7月が2745万キロワット、8月は2742万キロワットを確保できるとした。大津地裁による運転差し止め仮処分決定で高浜原発3、4号機(福井県高浜町)が動かせないなど、原発の再稼働はないと想定し、火力や水力などで供給力を賄う。火力は、昨夏はトラブルの影響で一時停止していた姫路第2発電所(兵庫県姫路市)の供給力の増加を織り込んだ。

 今夏は、東日本大震災後に例年活用していた他社からの電力融通を受けずに乗り切る。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース