福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

もんじゅ改革監「文科省、前面に」 新任の明野氏が敦賀市長と面談

  • 2016年4月5日
  • 08:40
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
渕上市長と面談する明野改革監(右)=4日、福井県敦賀市役所
渕上市長と面談する明野改革監(右)=4日、福井県敦賀市役所

 原子力規制委員会から運営主体の変更勧告を受けている日本原子力研究開発機構の高速増殖炉もんじゅ(敦賀市)に常駐し、現場で改革を監督する文部科学省の新たな「もんじゅ改革監」に明野吉成氏が就任し4日、同市の渕上隆信市長と面談した。明野改革監は「自分の目で見て必要な指導を加え、文科省として前面に立って対応する」と述べた。

 明野改革監は冒頭、「大変なご心配をおかけしおわびします」と陳謝。渕上市長から施設の安全確保と、職員の士気高揚を求められると「安全規制に関わった経験から、一番大事なのはトップから現場までの安全文化。現場で機構の取り組みを見て、必要な指導をする」と答えた。

 新たな運営主体については、報道陣に対し「文科省の有識者検討会で議論されている」と明言を避け「もんじゅは現にそこにある。その安全性を確保するのは機構の役割」とした。

 明野改革監は、かつての内閣府原子力安全委員会総務課長や文科省原子力安全課長などを歴任。東北大理事から1日付で改革監に就任した。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース