福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

福井県営陸上競技場と球場が完成 福井国体に向けて改修

  • 2016年4月4日
  • 10:33
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
福井国体公式ダンスを踊り、完成を祝う子どもたちとマスコット=3日、福井県営陸上競技場
福井国体公式ダンスを踊り、完成を祝う子どもたちとマスコット=3日、福井県営陸上競技場

 2018年福井国体に向けて改修を終えた福井県営陸上競技場と県営球場(福井市)の完成式が3日、同競技場で行われた。県内の高校陸上部員や成年国体選手ら約350人が完成を祝い、天皇杯(男女総合優勝)獲得に向けて決意を新たにした。

 開会式などメーン会場になる陸上競技場は、夜間照明を4基設置。トラック舗装を全面改修しフィールドの芝も張り替えた。県営球場はスコアボードを北陸初となる全面LED(発光ダイオード)パネルに変え、外壁の補修やスタンドの塗装などを行った。

 式では、西川一誠知事が「福井国体に向けた競技力向上の拠点、また健康づくりや生きがいづくりの場として多くの県民に利用してもらいたい」とあいさつ。選手を代表し、陸上の国体強化指定選手の奥村仁志選手(敦賀高1年)は「地元国体で優勝し、応援してくださる皆さんの期待に応えられるよう頑張りたい」、セーレン軟式野球部の石本秀治主将は「福井国体では郷土の誇りを胸に、気持ちを一つにして天皇杯の獲得に貢献できるよう精進したい」と抱負を述べた。県内小学生ら約50人による福井国体・全国障害者スポーツ大会の公式ダンス「はぴねすダンス」の披露もあった。

 式後、五輪メダリストによる陸上教室や国体選手の野球教室などが開かれ、選手たちは真新しい施設でさっそく競技に打ち込んでいた。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース