福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

再稼働反対アピール提出 集会実行委、県に「脱原発」要望

  • 2016年3月31日
  • 08:25
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
県の担当者(右)に集会アピールを提出する実行委メンバー=30日、福井県庁
県の担当者(右)に集会アピールを提出する実行委メンバー=30日、福井県庁

 さよなら原発福井県集会2016in小浜実行委員会は30日、原発の再稼働を許さないとする集会アピールを福井県に提出した。

 集会は今月13日、小浜市で開催。大津地裁に関西電力高浜3、4号機(高浜町)の運転差し止め仮処分を申し立てた弁護団のメンバーが同地裁の決定について説明。福島県楢葉町の早川千枝子さんが、事故で古里をなくすつらさを話し、全ての原発廃炉を訴えた。また嘉田由紀子・前滋賀県知事が講演で「原発事故は人格権と琵琶湖の環境権にまたがる問題。未来への安心を生み出していきたい」と卒原発を呼び掛けた。

 集会アピールは、原発のない社会づくりへ連帯する決意を示したものと、大津地裁の高浜原発3、4号機運転差し止め仮処分を機に政府が原発ゼロへの政治決断を行うよう求めるものの計2通。

 実行委メンバーが県庁を訪れ、県原子力安全対策課の担当者にアピール文を手渡した。県が脱原発へかじを切り、再生可能エネルギーなどの普及に努めるよう求めた。

 また、県内原発の再稼働に反対する署名751筆を追加提出。2014年の署名開始から、合計で30万1712筆となった。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース