福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

恐竜化石どきどき発掘体験始まる 勝山市、早速親子連れら夢中

  • 2016年3月21日
  • 09:25
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0
化石発掘体験を楽しむ参加者=20日、福井県勝山市のかつやま恐竜の森
化石発掘体験を楽しむ参加者=20日、福井県勝山市のかつやま恐竜の森

 福井県勝山市の長尾山総合公園(かつやま恐竜の森)にある「どきどき恐竜発掘ランド」のことしの恐竜化石発掘体験が20日、始まった。早速多くの親子連れが訪れ、珍しい化石を目当てにハンマーの音を響かせた。

 同公園を管理するNPO法人「恐竜のまち勝山応援隊」が2004年度に開始。本年度の体験者数はすでに前年度より1万人以上多い約3万5千人で、過去最高を記録している。

 同日午前11時からの体験には約90人が参加。同市北谷町杉山の恐竜化石発掘現場から運び込まれた岩石に、熱心にハンマーを振るった。静岡県から訪れた那須田紘司郎君(12)は「発掘体験は初めてで楽しい。石を割るこつをつかんで化石を見つけたい」と夢中だった。

 また本年度に「恐竜渓谷ふくい勝山ジオパーク」が再認定を受けたことを記念し、ロゴマークをペットボトルのふたを使って制作するコーナーも設けられた。縦横3・6メートルのキャップアートは今後、同公園管理棟近くに展示される。

 発掘体験は11月23日まで(原則火、水、木曜休み)で、1日2〜4回開催する。問い合わせは同NPO=電話0779(88)8777。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース