福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

福井鉄道フクラムにグリーン登場 低床F1000形、第3弾

  • 2016年3月18日
  • 09:28
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
福井鉄道の車両工場に到着し、線路に載せられた「FUKURAM」の新車両=17日、福井県越前市
福井鉄道の車両工場に到着し、線路に載せられた「FUKURAM」の新車両=17日、福井県越前市

 福井鉄道が運行する次世代型低床車両「FUKURAM(フクラム)」に新たに加わるグリーンの車両が17日、福井県越前市北府2丁目の車両工場に搬入された。20日から運行を始める。

 オレンジ、ブルーに続く3編成目。車両はこれまでと同じ丸みを帯びたフォルムで、窓を大きく取ったF1000形。福井の美しい緑と重なる爽やかで明るいグリーンを基調に、新芽のイメージから未来への希望を表現した。

 3両編成で定員155人。新潟県の車両メーカーからトレーラーで運ばれ、17日早朝に車両工場に到着。午前7時ごろからクレーンで1両ずつ線路に移し連結した。

 17日から終電後に試験運転を行い、20日午前10時27分越前武生発田原町行きから運行。1日4〜6往復する。えちぜん鉄道へのFUKURAMの相互乗り入れはオレンジとブルーの2編成で、グリーンは予定していない。

 福井鉄道の担当者は「FUKURAMに乗りたいという問い合わせは多く寄せられていて、新車両導入で乗車機会が増える。グリーンもこれまでと同様に人気になれば」と期待していた。同社は今秋以降、さらに1編成を導入する計画。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース