福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

高浜運転差し止め「承服できぬ」 関電会長が仮処分決定に強く反論

  • 2016年3月18日
  • 09:02
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 関西電力の森詳介会長は17日、大津地裁による高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転差し止め仮処分決定に対し「極めて遺憾で到底承服できない」と強く反論した。会長を務める関西経済連合会の定例記者会見で述べた。

 関電は3、4号機の本格稼働を前提に実施予定だった5月からの電気料金値下げを断念。関西経済への影響は「決して小さくない」と指摘した。

 関電は、決定を不服として大津地裁に異議を申し立てており、今後の異議審で原発の安全性の立証に全力を尽くす構え。森会長は「一日も早く不当な決定を取り消していただかないといけない」と強調した。

 同席した関経連の角和夫副会長(阪急電鉄会長)は「なぜ一地裁の一人の裁判長によって、国のエネルギー政策に支障を来すことが起こるのか」と、疑問を呈した。エネルギー安全保障を損なうリスクがあるため、原発の運転差し止めを求める仮処分申請は禁じるべきだと主張し、「可及的速やかに法律改正をしてほしい」とも訴えた。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース