福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

消防隊員らの体調を遠隔地で把握 前進か撤退かシステムが判断支援

  • 2016年3月17日
  • 10:21
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0

 5年前の東京電力福島第1原発事故での経験を踏まえ、原発事故など危険な状況下で活動する消防隊員や自衛隊員らの体調を離れた場所で把握し、前進か撤退かといった判断を支援するシステムの試験が、杏林大の山口芳裕教授(救急医学)らの研究グループと東京消防庁との間で続けられている。研究グループは今後、システムの改良を重ね、有毒ガスが発生するような化学工場事故やテロの現場などでも活用できるよう実用化を急ぐ。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース