福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

反原発集会に小浜市公認キャラ登壇 市「誤解与えた」と陳謝

  • 2016年3月14日
  • 08:00
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
胸に「原発銀座はゴメンだ」と張り、反原発集会に参加した小浜市公認キャラクター「さばトラななちゃん」=13日、同市文化会館
胸に「原発銀座はゴメンだ」と張り、反原発集会に参加した小浜市公認キャラクター「さばトラななちゃん」=13日、同市文化会館

 福井県小浜市の小浜市文化会館で13日開かれた反原発団体の集会に、同市の公認キャラクター「さばトラななちゃん」が参加した。着ぐるみの胸には「原発銀座はゴメンだ」とのメッセージが張られ、反原発を訴える合唱のステージで手拍子をしたり踊ったりした。小浜をPRするキャラクターが、特定団体の主義主張に賛同したかのようなパフォーマンスを行ったことに、市側は「認識が甘かった」として、利用貸し出し規定を精査し見直す方針。

 「さばトラななちゃん」は小浜商工会議所が所有し、イベントなどを行う団体に着ぐるみを貸し出している。同会議所の担当者によると、集会を主催する実行委員会の関係者から2月に「『さよなら原発』の集会で使用したい」との申し出があった。

 その後配布されたチラシには「3・11メモリアルアクション 原発のない新しい福井へ」と書かれ、裏面には県内の反原発団体名が列挙されていた。同会議所は市に相談した上で、貸し出しを許可した。

 同会議所の着ぐるみの利用規定には「野外での使用は不可」とあるが、集会やイベントの中身の制約は明記されていないという。申請を受け付けた担当者は福井新聞の取材に対し「キャラクターショーで使うとは聞いていたが、中身までは知らなかった。良心に任せるしかなかった」と説明した。

 同市の橋本長一朗産業部長は取材に対し「認識が甘かったと言わざるを得ない。市民に(市が反原発と思われるような)誤解を与えたことは申し訳ない」と陳謝した。市、同会議所ともに「利用規定を見直し、より慎重に審査していきたい」としている。

 この日の集会は、原発反対県民会議など県内の反原発9団体と個人でつくる実行委員会が開き、メンバーら約500人が参加した。高浜原発3、4号機の運転差し止めを命じた大津地裁の仮処分決定について説明があったほか、「卒原発」をテーマに嘉田由紀子・前滋賀県知事が講演した。集会は約4時間開かれ、「さばトラななちゃん」は約15分間登壇した。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース