福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

雪上で永遠の愛誓う 愛知、南越前出身カップル ジャム勝山で人前挙式

  • 2016年3月6日
  • 08:06
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0
スキー場で結婚式を挙げた新郎新婦=5日、福井県勝山市のスキージャム勝山
スキー場で結婚式を挙げた新郎新婦=5日、福井県勝山市のスキージャム勝山

 雪上で永遠の愛を誓う―。福井県勝山市のスキージャム勝山で5日、冬季としては初めて人前結婚式が行われた。雪で作った特設会場がゲレンデに現れ、好天の下、親戚や友人らが2人の人生の門出を祝った。

 スキージャム勝山で結婚式が行われたのは冬季以外のシーズンを含めると75組目。式に臨んだのは愛知県出身の会社員、田中義裕さん(29)と南越前町出身の主婦、川淵智代さん(31)。2人は既に東広島市で生活を始めているという。

 義裕さんが福井大生だったころ食事会で智代さんと出会い、意気投合。最初のデートがスキージャム勝山だった。共通の趣味であるスキーやスノーボードを通して愛を育んだ。

 式では白いタキシード姿の義裕さんが会場までスキーで滑り降りて登場。2人の名前や祝いの言葉が刻まれたオリジナルボードの前で、ウエディングドレスに身を包んだ智代さんを出迎えた。誓いの言葉を述べると大きな拍手が上がり、結婚証明書へのサインなどが続いた。

 赤いじゅうたんの上を歩く2人に約60人の参列者がフラワーシャワーを浴びせ、会場は和やかな雰囲気に包まれた。工夫を凝らした演出は、スキーを楽しみに訪れた一般客の注目も集めていた。

 義裕さんは「雪が大好きでよく滑りに来た。思い出深い場所で式ができて良かった」とうれしそう。智代さんは「私たちらしい式。こんな晴れた日にできて最高です」と笑顔で話していた。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース