福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

再稼働住民説明会で不安の声続出 大飯原発の安全対策などに対し

  • 2012年4月26日
  • 19:01
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
関西電力大飯原発3、4号機の再稼働をめぐり柳沢経産副大臣(左奥)が出席して開かれた住民説明会=2012年4月26日午後9時5分、福井県おおい町総合運動公園体育館
関西電力大飯原発3、4号機の再稼働をめぐり柳沢経産副大臣(左奥)が出席して開かれた住民説明会=2012年4月26日午後9時5分、福井県おおい町総合運動公園体育館

 関西電力大飯原発3、4号機の再稼働をめぐり、地元の福井県おおい町民を対象とした住民説明会が2012年4月26日夜、同町成和の町総合運動公園体育館で開かれた。町民546人が参加。経済産業省の柳沢光美副大臣が2基の安全対策や再稼働の必要性を説明して理解を求めたのに対し、参加者からは安全面の不安や関西圏の理解が得られない中で立地町の苦しい思いを訴える意見が相次いだ。

 説明会は町主催。時岡忍町長は再稼働の是非を判断する上で、説明会での町民の反応を参考にするとしていた。説明会終了後、時岡町長は記者団に「議会の意見集約を待って判断したい」と語る一方、「長年、共生策を取って今日に至っている。安全を大前提として稼働できればいい」と述べた。

 町長は今後、町会の意見や2基の安全性を検証している県原子力安全専門委員会の結論を踏まえて判断し、西川一誠知事に町の意思を伝える見通し。知事は県会での議論なども参考に地元として最終判断する。

 柳沢副大臣は、説明会前に大飯原発を自ら視察したと明かした上で、新たな安全基準の内容などを説明。「福島第1原発事故のような津波、地震が来ても炉心損傷は起こさない」と繰り返し訴えた。再稼働しなければ今夏の関西の電力需給が切迫する点も強調した。

 質疑応答では町民8人が質問。「安全対策が分かりづらい」「耐震性が心配」「中長期の安全対策が完了してから再稼働の議論をしてほしい」と不安の声が続出した。

 関西圏の知事らが早期再稼働に反対している状況に不満を口にし、国が責任を持って説得するよう求める意見もあった。

 説明会は予定時間を約10分超過したが大きな混乱はなく終了した。

 出席者から安全性への不安の声が相次いだ点について、時岡町長は「反対意見がはっきりと大きく出るのが説明会の特徴。疑問点や後ろ向きの意見はもっともで、国や県が十分斟酌(しんしゃく)してもらい、積極的な安全対策を取ってもらいたい」と記者団に語った。

 関西圏の理解について柳沢副大臣は「大臣や政務三役に報告し(関西圏に)説明をきちんとしていきたい」と述べた。

 説明会に先立ち、町議らが同体育館で副大臣と意見交換。原発停止で影響を受ける町などへの経済的支援を求めた。

 説明会の参加対象を町民に限定したため、会場付近には反原発団体が詰め掛け、入場時に参加者の手荷物検査が行われるなど厳重な警備体制が敷かれた。説明会の模様はケーブルテレビで町内に生中継された。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース