福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

足羽川「毛矢の繰舟」春も運航 福井県が大河誘致PR兼ね

  • 2016年3月2日
  • 10:51
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
福井県が昨年度始めた「毛矢の繰舟」。新年度は「ふくい春まつり」や5月の大型連休に合わせて運航する=2015年8月、福井市の九十九橋上流
福井県が昨年度始めた「毛矢の繰舟」。新年度は「ふくい春まつり」や5月の大型連休に合わせて運航する=2015年8月、福井市の九十九橋上流

 福井市の足羽川九十九橋付近で昨年初めて定期運航した「毛矢の繰舟(けやのくりふね)」について福井県は、1日の県議会土木警察常任委員会で、今年は多くの家族連れや観光客が訪れる4月の「ふくい春まつり」と5月の大型連休に合わせて実施すると説明した。夜間運航も拡充する。繰舟は福井藩士の由利公正が利用した可能性があり、2018年大河ドラマ誘致の機運盛り上げにもつなげる。

 県河川課によると、昨年は7〜10月の開催予定20日間のうち、天候や水位の影響で実施できたのは12日間だった。このため、今年は水位が安定している4〜6月と8、10月に20日間計画。2日間だった夜間運航は4、8、10月に計5日間予定している。

 同常任委では、笹岡一彦委員(自民党県政会)が「福井国体まで4年間運航する予定としているが、その後のストーリー展開をどう描いているか。大河ドラマ誘致にも活用を」と質問。理事者は「由利公正との関連をポスターで広報し、大河ドラマ誘致を会場でPRしていく。今後の展開も整理したい」と述べた。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース